>

バイナリーオプションでは海外業者を選びたい理由3つ

バイナリーオプションはもともと米国の証券会社が開発して、
米国で大ヒットした投資ツールです。その人気は世界中に広がり、
その一端が日本にも届いて大ヒットしたという経緯があります。

日本でも1990年代の後半に証券会社などが
バイナリーオプションのサービスをスタートさせましたが、人気の一方で取引に不透明さがあったので、
業界の自主規制やその後の公的な法規制が入り、
結局独自の魅力が失われてしまったという経緯があります。
ただ、法規制は日本企業に対してのみ適用されるので、海外に本社を置く
外資系のバイナリーオプション業者は適用外となります。

そこで今回は、海外に事業所を置く
外資系業者でバイナリーオプションを始めたい3つの理由を語りたいと思います。

1:判定タイムまでの時間が短い

バイナリーオプションの魅力は、投資をしたその結果が1分後に出るなど、
そのスピーディーさにあると言えます。
しかし現在の日系の業者が提供するサービスは、公的な規制が適用された結果、
最短でも2時間後の予想しかできなくなりました。

2時間後しか予想ができないとなると、
1日の中で取引できる回数が自然と減ってしまいます。取引できる回数が減れば、
1回1回の取引でそれなりのお金を使わなければ大きな利益は稼げません。

しかし、1回の取引で投資するお金が増えるほど、
判断を間違えたときのダメージが大きくなるので、逆にリスクは高まる
のです。
海外の業者であれば、最短で60秒後に判定タイムが出るなど、
スピーディーなサービスが期待できます。短い時間で500円など細かいお金を
次から次へと分散して投資し利益を積み上げていくという手堅いバイナリーオプションの投資方法が、
海外業者でならまだできる
のです。

2:払戻率が高い

バイナリーオプションは本来、自分の予想通りに為替が動くと
投資金の1.7倍などの払戻金がバックしてくる取引でした。
しかし2013年の公的な法規制を経た日本の企業が提供するバイナリーオプションは、
払戻のルールが複雑になり、大きく稼ぎにくくなってしまいました。

別の言い方をすれば、経済指標の発表時など、ちょっと勉強して、
教科書通りに相場を予想するだけでは、大きな払戻金が受け取れなくなってしまった
のです。
その点、海外に拠点を置く業者は、どんな相場であっても
高い払戻率を一定して期待できるので、簡単な相場で手がたく大きく稼げる
のです。

3:口座開設時のテストがない

2013年の公的な法規制の後、日本の業者でバイナリーオプションを始める場合は、
金融に関する簡単なテストに合格しなければいけなくなりました。
しかし、外資系業者にはテストがありません。
誰でも簡単に始められるので非常にお勧めです。

以上、バイナリーオプションは海外業者で始めるべきだという話をしましたが、
いかがでしたでしょうか?
資産運用の一手段として、あるいは副業の1つとして
バイナリーオプションを始めるなら、
日系の企業ではなく海外のバイナリーオプション業者を選んでみてください。

現在は日本の投資家を囲い込もうと外資系業者はやっきになっているので、
キャンペーンも魅力的です。ある意味でチャンスなので、
『BOBOX』
など代表的な業者の公式サイトをまずはチェックしてみてください。