>

個人投資家でも使える2つのバイナリーオプションの投資術

こんにちは。元証券マン、現在は個人投資家の吉田です。
うれしい話ですが、僕と同じで個人でもバイナリーオプションを副業や資産運用の
手段にしている人が増えてきたそうです。
元証券マンの僕に投資の相談を持ちかけてくれる人の中にも、
バイナリーオプションに興味を持つ人が増えてきていますし、実際にバイナリーオプションを
立派な副業や資産運用の手段にしている人もいる人も存在しています。

要するに、バイナリーオプションはギャンブルではなく、
副業として、資産運用の手段として"計算できる"投資ツールだと認識されてきたのですね。
そこで今回は、誰でも少し勉強すればバイナリーオプションの勝率アップ
利用できる投資術を2つ紹介したいと思います。
既に株やFXで個人投資家としてデビューしている人であれば特に目新しくもない方法ですが、
これから投資をスタートする全くの初心者の方は、ぜひともチェックしてみてくださいね!

1:テクニカル分析

投資を既に始めている人であればテクニカル分析をご存じのはずです。
ローソク足や移動平均線、ゴールデンクロス、デットクロスなど、いろいろとありますね。
その1つ1つを詳しくはこのページで紹介できないのですが、
そうした分析ツールは、過去の値動きをデータ化して未来の値動きを予想するツールになります。

「そんな、またぁ。値動きをデータ化できるわけないでしょ?」
という意見もありますし、確かに100パーセント完全に過去を
データ化して未来を予想できるわけでもないのですが、為替は意志や欲のある人間が作りだしています。
嫌でもその動きにはパターンが出てくるので、パターンを熟知すれば、
かなりの確率で未来の値動きを予想できるようになる
のです。

本来なら理論上は5割だったバイナリーオプションの勝率を
6割、7割、才能のある人であれば8割程度にまで上げられる可能性があります。
代表的なテクニカル分析を学んで、その後は自分なりの分析法を考え出してみてください。

2:重要な経済指標

一度投資を始めれば、世の中でいろいろな経済指標が発表されているのだと知るようになります。
例えば米国の雇用統計といって、農業以外の仕事にアメリカ人が
どれだけ就業しているのか、逆をいえばどれだけ失業者が居るのか分かる指標が、
毎月第1金曜日に発表されていると知ります。

投資をした経験がない人からすると初耳だと思いますが、
投資をしている人からすれば、なじみのある情報ですし、世界中の投資家が
耳を澄まして発表を待っているとご存じのはずです。
どうして世界中の投資家が、そういった経済指標の発表を待っているのでしょうか?
その理由は簡単で、経済発表とともに動く株価や為替の値動きを利用して、
自分の投資で利益を確定させようとしているから
です。

例えば米国の雇用統計が悪化していると発表されれば、
"米国の経済が悪化している→米ドルの価値が下がる→相対的に日本円の価値が上がる"
と、予想できます。さらに一歩突っ込んで勉強すれば、
"日本円の価値が上がる→しかし、上がり過ぎた日本円は間もなく利益確定売りで下がる"
などの市場のパターンも分かるようになります。
そうした情報や判断力を積み重ねていけば、バイナリーオプションの勝率は
5割どころか7割、8割とどんどん上がっていくのです。

以上、テクニカル分析と経済指標をバイナリーオプションに使う話をしましたが、
いかがでしたでしょうか? テクニカル分析や経済指標の考え方に関しては、
たくさんの書籍や関連のサイトがあります。
バイナリーオプション業者に口座を開けば、その手の情報に関する
ガイドや最新情報をメールで受け取れます。

まずは、バイナリーオプションの勝率を5割以上に上げられる方法が実際にあると知ってください。
本当にバイナリーオプションは魅力的な投資方法なのですよ!