• みんなに正しいFXの口座知識を知ってもらいたい!

    どうも、こんにちは。
    元証券マン、現在は個人投資家の吉田といいます。
    もうすぐ、初めてパパになります。
    三年前に勤めていた証券会社の営業を辞めて、今は自宅の一室で個人投資家として頑張っている次第です。
    今回は僕が分散投資の1つとしてスタートし、利益を出してくれている“バイナリーオプション”
    魅力について語りたいと思います。

    そもそも世の中には、
    「この執筆者、投資の知識ないでしょ?」
    どころか、
    「バイナリーオプションやった経験ないでしょ?」
    と思われるバイナリーオプションの紹介サイトが多いので、
    「本物のウェブサイトを作ろうよ」
    と、知人のウェブプロデューサーと一緒に企画して、このサイトを作成する流れになりました。

  • バイナリーオプションは初心者でも利益を狙える投資ツール

    まず、バイナリーオプションの説明に入る前に、
    元証券マンの僕がどうして会社を辞めて個人投資家になったのか、さらに分散投資の1つの手段として、
    (証券マン時代にお客さんに勧めた経験すらなかった)BOを
    『BOBOX』という海外系の業者で始めたのか、そのあたりを説明させてください。

    そもそもの話として(ご存じの方も多いかと思いますが)、証券マンは自由に投資の売買ができません。
    投資信託に関しては問題ないのですが、株式の取引やオプションなどの売買は“原則として”禁じられています。
    もちろん、やろうと思えばやれますが、いろいろな制限があります。日本経済新聞社の人も同じで、
    証券マンは生の投資情報に近過ぎるので、公平な立場ではないからですね。

    ただ、僕は東京の私立大学でケインズやドラッガーなどの経済・経営学を学んでいるころから、
    お金に対して強い興味がありました
    (別にお金持ちになりたいというよりも、お金の仕組みや役割に強い興味があったのです)。
    一般の男性が若い女の子のお尻に夢中になる熱心さと同じくらい、お金に夢中でした。
    さらに言ってしまえば、小学校の社会科の授業で、企業の株価を予想するゲームをさせられたころから、
    ものすごく興味を持ち始めていたのです。

    その思いがあったので証券会社に就職したのですが、いかんせん業界に入ってしまうと“自分自身の投資”に
    大きな制限が入ってきます。最初は覚悟していたのですが、実際に働き始めてみると想像以上に苦しかったです。
    趣味は仕事にしてはいけないという格言の典型例が、僕なのかなぁと思います。
    もちろん、お客さまのために金融商品を勧める人生もいいのですが、入社して5年ほどして徐々に

    「ちょっと違うな」
    という思いが強くなってきました。そこで僕は会社を辞めて個人投資家になりました。
    以上が僕の平凡な脱サラ物語です。
    ただ、独立当初、自分で買った金融商品は株や投資信託、外貨、FXなどでした。
    BOはまだ始めていなかったのです。しかし、噂には聞いていたので、
    分散投資にも成果が見えてくると、余剰金をさらに増やせる可能性が高い、
    BOを始めたくなったのです。

    正直、BOは未体験だったので、始めるときは緊張しました。
    証券マン時代はまだ、BOがアメリカで騒がしくなってきているだけの時代で、
    日本には入ってきていませんでした。株や投資信託、債券の世界は言ってみれば僕の庭です。
    目をつぶっても何が起こるか分かっている自分の庭の中で自動車を走らせているような話でした。
    しかしBOは違います。慣れ親しんだ庭を出て、未知の世界に走り出すような話です。

    僕が独立後に初めて手を出した、唯一の未体験ゾーンでした。

  • 絶好のタイミングを狙い過ぎて、多くの人は投資に失敗する

    人は普通、投資をする場合に安値で買って高値で売ろうと思うはずです。株でもFXでも投資信託でも同じですよね?
    しかし意外かもしれませんが(あるいは全く意外ではないかもしれませんが)、人は基本的に、
    株や通貨など金融商品を高値で買って、安値で売って投資をやめてしまいます。

    残念ながら証券マン時代は、このような残念な例を山のように見てきました。
    なぜでしょうか? その理由は、皆さんがあまりにも“絶好の”言い換えれば“完璧な”タイミングを狙ってしまうからです。
    少し前の話ですが、2003年に株価は7,000円台まで落ちました。しかしその後は上がり
    2007年には18,000円台を付けるほどになります。少し詳しい人であれば、ご記憶ですよね?

    例えばこういった相場で、完璧過ぎるタイミングを狙っている人は7,000円になっても、
    「まだ下がる」
    と思って手を出しませんし、逆に底を付いて8,000円に上がると、
    「最安値の時期を逃した」
    と言って、買わずに再び下がるまで待ってしまうのです。しかし、株価が右肩で上がり続け15,000円を超えてくると、
    さすがにしびれを切らして遅まきながら投資に参加します。しかし株価は上がれば下がる時代が“絶対に”来ます。

    参加して数カ月後に株価がどかんと下がると、本来ならば逃げるべき相場なのに、
    「大丈夫、株価は持ち直す」
    と、祈りに似た考えにすがって損切りもせず、脱出のチャンスを逃してしまうのです。

    結局、底辺まで落ちた時点で株や通貨などの金融商品を売り大損をして、
    「もう、投資は怖い」
    と、投資の世界から足を洗ってしまうのです。FXユーザーも一緒です。自動売買ツールに任せて
    取引をする人は別ですが人間が自分の裁量でやる限りは、
    「少しでも安いときに買って高いときに売りたい」
    という心理がどうしても働き、冷静な立ち居振る舞いができなくなってしまうのです。

    この欲は、僕たちのように特別な訓練を受けている人間でもなかなか抑えられません。
    要するに“少しでも安いときに買って大きな値上がりを待つ”タイプの金融商品を
    素人が個人で買って保有するには、どうしても限界がある
    のです。

  • 海外バイナリーオプションは、絶好のタイミングを待たなくていい

    その点で考えると、BOは画期的です。BOは簡単に言ってしまえば、
    1米ドル100円の為替相場が60秒後に99円になるか101円になるかを予想するだけの金融商品です。
    “どれだけ”上がるか・下がるかではなく、”どちらに動くか”を気にすればいいだけというシンプルさが魅力です。
    いつ始めるかも気にする必要がありません。今始めればいいのです。

    「そんなのギャンブルだろ?」

    と批判する人は居るかもしれませんが、全く見当違いです。
    BOは単に運試しの二者択一的なギャンブルではありません。少し投資を勉強した人であればマーケットが
    世界の重要な経済指標にいかに“素直な”影響を受けているか、ご存じのはずですよね?

    ほとんどのマーケットの動きは、テクニカル分析や経験則、相場の勉強があれば
    、かなりの確率で予想できるようになるとお分かりのはずです。
    しかも、BOはある通貨ペアの為替が1銭でもいいので値上がりするか値下がりするか、
    その“どちら”に動くかを予想するだけでいいのです。“どれだけ”ではなく、“どっちに”動くかの予想だけなら
    かなりの確率で当てられると、投資に詳しい方であればご存じですよね?

    さらに予想を的中させれば、かなりの払戻金が手元に返ってきます。
    僕が利用している『BOBOX』という業者の場合、払戻金は1.78倍です。為替相場の動きを的中させるだけで、
    投資金が60秒後に1.78倍になって返ってくるのです。

  • 海外バイナリーオプションは、少額の投資の積み重ねで大きな利益を狙える

    しかも僕が使っている『BOBOX』のような海外系業者のBO業者は、
    今でも500円などの細かい投資金を次から次へと分散投資できる昔ながらの仕組みがあります。

    いくらマーケットの動きを長期的に読んで投資をしても、
    為替は細かく上下動を繰り返しながら全体で大きく上へ下へとカーブを描いていくので、
    その細かいジグザグに引っ掛かって予想を外す心配が常に誰にでもあるのです。

    しかし、『BOBOX』のような外資系のバイナリーオプション業者であれば
    (※規制が入る前は日本の業者も可能でした)、例えば500円単位の投資を1分ごとに繰り返しできるので、
    結果としてタイミングとお金を分散投資する形になり、大損を回避できるようになるのです。

    相場をしっかりと見極めた上で少額の取引を積み重ねれば、
    為替の細かな上下動で1つ1つの取引には勝ち負けがどうしても出てきても、1日50戦、60戦の
    トータルで見ると7割・8割で勝ち越せるようになるのです。

    例えば僕の話をさせてもらえば、10分間で10回のBOを行い、
    8,000円くらいの利益を手に入れます。

    「なんだ8,000円か」

    と思うかもしれませんが、10分ですよ?
    時給換算すると、いくらでしょうか? ものすごい時給になると思いますが、いかがでしょう?
    必要経費もほとんど発生していません。

    バイナリーオプションだけで合計すると、僕の月額最高益は480万円です。
    先ごろ、アベノミクスの発表で為替が一気にドル高に振れていった、その時期の話です。
    そのような分かりやすい相場では、テクニカル分析もへったくれもありません。

    「円安にしますよ!」

    と政府が発表してしまっているのですから、その通りにBOを行えばいいのです。
    正直言って480万円といえば、僕が退社するときの証券会社の年収に近いレベルです。

  • バイナリーオプション業者は海外系がお勧め

    ただ、BOにも問題はあります。米国で人気が出て世界中に広まり、
    経済大国の日本に入ってきてさらにヒットしましたが、業界の自主規制と公的な法規制のダブルパンチで、
    日本のBOは、制約でがんじがらめの使いにくいサービスになってしまいました。

    例えば現在の日系業者が提供するBOは、
    取引開始から計算すると結果の出る判定タイムが2時間先なので、
    物理的に1日の中で取引できる回数が減ってしまったのです。
    取引の回数が減ってしまえば、利益を出すために
    1回の取引で大きな投資金を突っ込むしかありません。その分、リスクも高くなります。

    しかも、単に値上がりをするか、値下がりをするかを的中させればいいはずだった
    バイナリーオプションに、今は“どれだけ値上がりをするか”という例のやっかいな概念が入ってきてしまっているのです。

    ただ、そうした業界の自主規制や公的な法規制は、外国に本社を置くバイナリーオプション業者には関係のない問題です。
    まさに僕が利用している『BOBOX』も一緒ですが、外国のBO業者であれば
    昔のようにシンプルで、どちらに動くかを的中させれば高い払戻率で利益を受け取れる仕組みが残っています。

    これからBOを分散投資や副業の1つとして行う人は、ぜひとも外国系の業者を第一に検討してみてください。

  • 「日本語対応とか大丈夫なの?」という人へ

    ちなみに、僕が海外系のBOBOXという業者を使っていると言うと、ネガティブな人は、

    「外国企業がやっている業者は、危ない」
    「日本語サービスがないので、使えない」

    などと文句を言ってきますが、問題はありません。
    資本の規模でいえば海外業者の方が日本のBO業者と比較して大きい場所が多いですし、
    例えば僕が使う『BOBOX』にも日本語サービスは普通にあります。

    世界第3位の“おいしい”日本のマーケットに進出する際に、日本語のサービスを用意しない企業があるでしょうか?
    実際に触ってみれば分かりますが、取引ツールは日本語対応ですし、メールや電話のデスクも日本語対応してくれます。
    日本語でメールを打てば日本語が返ってきます。そのあたりは問題ありません。 とにかく話をまとめますと、

    ・海外バイナリーオプションの勝率は学ぶほど7割、8割と上がっていく
    ・海外BOは、分散投資や副業の1つとして魅力的な選択肢である
    ・500円などの少額をタイミングを分散して投資していけば、トータルの相場の読み間違えがない限り、負け越しはない
    ・日本の業者は規制でがんじがらめになり、BOの取引が複雑になってしまっている

    といった感じでしょうか? 証券会社に勤めていたころと違って、
    利害関係なしに何でも言えるこの境遇は、本当に最高ですね(笑)
    また、現在は外資系のBO業者が日本のマーケットを囲い込もうと、
    驚くようなキャッシュバックキャンペーンを展開してくれています。
    例えば僕の使っている『BOBOX』は現在、

    初回限定ですが入金額が2倍になって口座に反映されるキャンペーンを行ってくれています。 5万円を入れれば、10万円の金額が口座に反映されるのです。

    もしも、どうしてもBOが怖いという人が居れば、5万円を入れて10万円にしてもらい、
    キャンペーンで増えた5万円分だけでお試しの取引をしてみてはいかがでしょうか?

    仮にお試しの取引で全敗したとしても、キャンペーンで増えた5万円なので別に懐は痛みません。
    実質リスク0で始められるのですね。
    それほど驚くようなキャンペーンを『BOBOX』を含めた外資系各社が行ってくれているのです。
    現在は本当にチャンスだと思います。

    以上、個人投資家としての僕の意見をつらつらと書きましたが、いかがでしたでしょうか?
    資産運用や副業を検討している人は、早速この足で動いてみてくださいね。
    皆さまの資産運用や副業ライフに、幸運がもたらされますよう、お祈り申し上げております。

新着記事情報

  • ただいま記事はございません